• ホーム
  • アレルギー症状に効くセチリジンの副作用(眠気)

アレルギー症状に効くセチリジンの副作用(眠気)

セチリジンは、日本では商品名をジルテックなどとして販売されている第二世代の抗ヒスタミン薬です。
抗ヒスタミン薬というのは、ご存じの人も多いかもしれませんが、花粉症やアレルギー性皮膚炎などのアレルギー症状を抑えるために使われるお薬です。

抗ヒスタミン薬の副作用としては、一般に眠気や精神の鎮静作用などが副作用として起こる場合があります。
この副作用は、第二世代の抗ヒスタミン薬よりも第一世代の抗ヒスタミン薬のほうが強く、第二世代の抗ヒスタミン薬は副作用のより少ないものとなっていますが、それでも若干の眠気などを引き起こすことがあります。

セチリジンで眠気症状になる理由

抗ヒスタミン薬と呼ばれる抗アレルギー薬は、身体のなかでアレルギーを引き起こす物質の一つであるヒスタミンの働きを抑えることによって、アレルギー症状を起こしにくくするというお薬です。
しかし、この薬には血液脳関門を通って脳の中枢神経に到達すると、そこを刺激して鎮静作用を引き起こしてしまいます。
第一世代の抗ヒスタミン薬としては、ジフェンヒドラミンやヒドロキシジンといった薬があります。
これらの薬は第二世代のものに比べると血液脳関門を通過しやすく、したがって鎮静作用も第二世代のものに比べると強いということになります。

セチリジンは、第一世代の抗ヒスタミン薬に比べると血液脳関門を通過しにくいので、眠気は起こりにくくなっていますが、それでもやはり若干の副作用があり、自動車などを運転する場合には注意が必要です。
また、セチリジンを服用した場合には眠気とともに倦怠感やめまい、ふらつきなどを感じることもあります。

先発薬と後発薬の副作用は同じ?

第二世代の抗ヒスタミン薬であるジルテックは日本国内でもいくつかのジェネリック製品が発売されていて、なかには商品名をそのままセチリジンとしているものもあります。
また、メーカーによってそれぞれ名前は異なっていますが、パッケージなどを確認すれば成分表示としてセチリジンの名前が記載されています。

ジェネリック医薬品は効果や効能などが先発薬と変わらない後発薬ですが、メーカーごとに異なっている点もあります。
ジェネリック医薬品の特徴として、有効成分の種類や量、および効果・効能などは変えてはならないことが決められています。
しかし、薬の見た目や味、色などは変えていてもかまいません。
また、飲みやすくするために添加物などが加えられることもあります。

薬の副作用というのは、その薬剤に含まれる有効成分によって起こるため、ジェネリックであっても副作用は先発薬とほぼ変わらないということになります。
セチリジンはアレルギー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー症状を抑える効果が高く、蕁麻疹や湿疹、ハウスダストへのアレルギーなどにも有効であると言われています。
その分副作用も心配になってきますが、後発薬であるジェネリックのセチリジンであっても、先発薬であるジルテックと効果・効能、および副作用は変わりありません。
つまり、副作用についても第一世代の抗ヒスタミン薬に比べて緩やかである、という点は同じであるわけです。

ただし、なかにはジルテックと同様に倍量のセチリジンを含んでいるジェネリック薬品も存在するので、副作用が心配な人は成分表示として記載されているセチリジンの用量を確認してみると良いでしょう。