• ホーム
  • ザイザルとタコと飲み合わせについて

ザイザルとタコと飲み合わせについて

花粉症などのアレルギー症状を抑えるザイザルの医薬品は、飲み合わせに関してあまり心配はいらないお薬でもあります。
でも飲み合わせて注意をするとしたら、喘息治療薬や、エイズのお薬などとは、相互作用を起こすことが考えられるので、気をつけるようにしましょう。
ザイザルは強力に症状を軽くしていきますが、眠気も強くなるために、一緒に脳の神経を鎮める薬を飲むと、眠気が増すことがありますので、これも飲み合わせに関しては要注意です。

花粉症をはじめアレルギーには種類があって、イカやタコのアレルギーに悩まされる人もいます。
イカと同じく軟体動物のタコは、食物アレルギーになると、症状は重特化しやすくなる食べ物でもあります。
タコアレルギーの引き金になるのは、軟体生物に含有をする、タンパク質の成分によるものです。
貝類や軟体生物にはトロポミオシンのタンパク質が含まれていて、これはゴキブリなども同じような抗体を持ちます。
タコアレルギーの症状がある場合は、甲殻類や貝類にもも食物アレルギーの症状が出るケースがあります。

花粉症の症状をできる限り軽くしたいならば、食べ物の質を高めることが重要です。
何を食べているかで、その年の花粉症の症状が変わるくらい、いつも食べているもので人間の体はつくられます。
花粉症対策で食べたい食材としては、りんごもそのひとつです。

りんごの果物には水溶性食物繊維である、ペクチンが多く含まれています。
このペクチンが活躍をすることになりますので、体内でアレルギー症状を引き起こす、原因になる物質を減少されます。
りんごは健康にも良くて美味しい食べ物ですが、効果は即効性はないので、続けて少しずつ、毎日食べるといいでしょう。