• ホーム
  • チーズで蕁麻疹など完治が難しいアレルギーにザイザル

チーズで蕁麻疹など完治が難しいアレルギーにザイザル

カプセルと瓶

花粉症の症状を完治させることが難しいのは、体の抗体が関係しているアレルギー症状であるためで、クリニックなどでは徐々に体を慣れさせていく方法による治療が行われることがあります。
主にスギ花粉症に対して行われていますが、舌下にスギ花粉の液体を垂らして行われる方法です。
少量ずつ慣れさせていくので、すぐに完治するという治療方法ではありませんし、あまり変化が感じられない人もいます。

アレルギーによる蕁麻疹をとにかく抑えて状態を緩和するためには、ザイザルのようなヒスタミンH1受容体拮抗作用がある薬だと効果が期待できます。
花粉症のために使うのであれば、予防の意味も考えて早めに飲み始めることが大切で、花粉が飛び始める前にクリニックに行き処方してもらうべきです。
花粉が飛び始めてからも、医師が指示する期間は飲み続けていくことになります。

ヒスタミンが関連しているのは花粉症ばかりではなく、食べ物によるアレルギーも多くあります。
特に蕁麻疹が出るものに対して、ザイザルは高い効果が期待できます。
チーズなどの乳製品は、アレルギーがある人が食べると蕁麻疹が出やすい食品で、海鮮物や穀類、果物、食べ物以外でも金属や動物など様々です。

蕁麻疹は全身にブツブツと出ることが一般的ですが、ブツブツがあらわれない場合もあります。
かゆみがあって、その部分をかくと腫れてくるなど症状も色々なため、医師に診断を受けることが肝心です。
アトピー性皮膚炎などとの違いも、医師であれば判断が可能です。

ザイザルは以前に開発された薬よりは眠くならないように考えられていますが、それでも服用後には眠気を感じる人もいるので、運転や作業をする前に飲んでしまわないようにしなければなりません。

人気記事一覧