• ホーム
  • フルーツで過剰な免疫反応をならザイザルは効果あり?

フルーツで過剰な免疫反応をならザイザルは効果あり?

多くの薬と注射器

ザイザルは花粉症の様なものに対しアレルギー反応が出た場合に効果のある抗ヒスタミン剤です。
そのためフルーツを食べ過剰な免疫反応を起こし、くしゃみや鼻水、蕁麻疹が出た場合にも効果を期待することが出来ます。

アレルギー物質、というと花粉やほこり、動物の毛等を思い浮かべる人もいるでしょう。
しかしフルーツで免疫反応を起こすも中にはいるのです。
その例としてバナナやリンゴ、キウイフルーツ等があり、これらを食べた後に口の中がピリピリしたり唇や舌が痒くなる、喉がイガイガとしたり腫れて狭まるような感じがしたらアレルギー反応である可能性が高いです。
確定するためには病院でアレルギー物質を特定する血液検査を行うことで確実に知ることが出来ますが、検査費用は健康保険が適用にならないため自己負担になり、負担が大きくなるかもしれません。

そのため上記の様な症状を感じたらまずアレルギー反応だと思い、症状が出るフルーツを食べることは止めた方が良く、病院で診察してもらいましょう。
症状によっては経過観察になるかもしれませんし、症状が長引いたり違和感を感じる場合には抗ヒスタミン剤であるザイザルが処方されるかもしれません。
それは医師が判断することですが、ザイザルはフルーツの様な食品アレルギーでも効果を期待することが出来ます。
しかし効果を期待できるのは痒みや蕁麻疹の様な軽症の場合とされており、アナフィラキシーショックを起こしている重篤な症状の時にはザイザルは通常は使用しません。

フルーツによるアレルギーは有名ではないかもしれませんが、食べることでどのような症状が出るかを知っておけば、その後の対応に困ることはないでしょう。
これくらいなら大丈夫、と思わずに病院で相談することも大切なことなのです。

人気記事一覧