• ホーム
  • 花粉症を悪化させない予防として緑茶やザイザルを服用

花粉症を悪化させない予防として緑茶やザイザルを服用

花粉症は、症状が出るようになる季節になってから対処を行ったのでは遅く、鼻水やくしゃみ、目のかゆみなどを少しでも軽減したいのであれば早めに対策を講じるようにすると良いです。
クリニックに行って薬などに頼りたくない場合には、緑茶を取り入れるようにすると予防の効果が期待できます。

緑茶に含まれているポリフェノールの一種である、ストリクチニンは抗アレルギー成分として効果が期待できるものです。
体内に花粉が入ることで、アレルギー症状を起こす原因となる抗体がたくさん産生されてしまいますが、それを抑制することができます。
緑茶に含まれるカテキンの中でもメチル化カテキンは、lge抗体に働きかける作用があります。
lge抗体はアレルギーの原因物質であるヒスタミンを放出ことが分かっていて、lge抗体に影響を与えてくれれば症状の緩和が期待できます。

緑茶はお茶を入れてただ飲むよりも、茶葉ごと取り入れたほうが良く、吸収率を高めるためにも粉末状になっているものの方が高い効果が期待できます。

花粉症の症状が酷いときには予防としても使うことができる薬、ザイザルを処方してもらうと良いです。
主成分はレボセチリジン塩酸塩で、ヒスタミンの受容体をブロックすることができます。
花粉症によるアレルギー性鼻炎や蕁麻疹、湿疹や皮膚の痒みに対して効果が期待できます。

ザイザルには副作用として眠気があるので、運転や危険な作業を行う前には服用しない方が良いです。
他に、口の渇きや頭痛、食欲不振や倦怠感なども起きることがあります。
花粉症の症状が酷いときと副作用の症状が似ているので、体調が悪くなったら医師に相談したほうが良いです。
薬の作用があるうちにアルコールが入ってしまうと、眠気や倦怠感が出やすくなります。